KEIICHI AND ASAMI MATSUDA: HOW AN ENTERPRISING DIY MENTALITY REALLY CAN PAY OFF

Words and Photos by Erica O. Luke
smiling

A while ago I had the privilege of visiting designer and filmmaker Keiichi Matsuda at his studio, temporarily to be found in Modern Jago, a creative space set up by Microsoft in a converted school in East London. His wife, illustrator Asami Matsuda, also joined us for a chat about their background, their work, the freelance culture in Japan compared with that of the UK, and Keiichi’s newly set up company, Arcade.

少し前、幸運にもデザイナー兼フィルムメイカーである、松田Kさんのスタジオ見学の機会を特別に頂いた。場所はイーストロンドン。一時的に学校であった建物が改築されつくられたマイクロソフト社のクリエイティブスペース、Modern JagoにKさんのスタジオはある。今回、Kさんの妻そしてイラストレイターである松田麻美さんにもご参加頂き、お二人のこれまでの経歴、お仕事、彼らが考える日本とイギリスのフリーランス文化や、Kさんが新しく起業したArcadeについてのお話を伺うことになった。


Keiichi was born in Hong Kong and grew up in the UK. He studied architecture at The Bartlett School, UCL in London, going on to gain a master’s degree there.

Kさんこと桂一さんは、香港で生まれ、イギリスで育ち、ロンドンのThe Bartlett School、UCLで建築を勉強し、そこで学士号を取得した。


During his bachelor’s degree, Keiichi spent his year in industry at a small but innovative architectural design studio in Tokyo called Atelier Bow-Wow. ‘At Bow-Wow we did a lot of residential work,’ he tells me, ‘not super high budget but very client-specific. The clients could be quite demanding, but it was very rewarding work.’

大学時代には、東京にある小規模ながらに革新的な建築デザイン事務所、Atelier Bow-Wow(アトリエ・ワン)で一年間インターンシップを経験したKさん。「Bow-Wow では住宅関係の仕事が多かった。ものすごく高予算という建物ではなかったけれど、クライアントに具体的な指示を与えられる案件がほとんど。クライアントの要求はときにとても厳しかったけれど、とてもためになる仕事であったと思う。」


There he worked on projects including Pony House, a holiday home for a lady that enabled her to be in contact with her beloved horse in most of the rooms (even being able to look over its stable from her bedroom), and a house for single parent families, the design for which was optimised to reduce housework. The laundry room, for instance, was designed so that children could throw worn clothes over the banister straight into the washing basket. He comments, ‘It’s nice to deal with and solve domestic issues like that in design.’

そこで彼が携わったプロジェクトの一例、 「ポニーハウス」 を紹介しよう。飼い馬が大好きな女性のための別荘。それは、ほとんどの部屋から馬とふれあうことができ、さらに寝室から馬小屋を見下ろせることができる、そんなユニークな建物。他には、家事の手間をなるべく省くことができるようにデザインされた片親家庭のための家なんかも。その機能のひとつとして、子供が着た服を手すりから洗濯室までまっすぐ投げ捨てることを可能したデザインもあったのだとか。「それぞれの家庭の問題に対処し、解決するのはやっぱり嬉しかった。」Kさんはこうコメントする。


While studying for his master’s, he taught himself film and animation techniques as a way of representing and constructing space: ‘I felt that using moving images to understand architecture, instead of the standard 2D and 3D drawings and models, created something that was more focused on experience.’

大学で建築の勉強をすると同時に空間を描写した上で建設する方法を学ぶため、映像とアニメーションを独学したKさん。「いつもの2D・3Dといった絵やモデルより、映像を使い建築を理解することによってさらに経験的なものにフォーカスを当てられるんじゃないかと思ったんだ。」


These skills allowed Keiichi to create a two-part short film series entitled Augmented (hyper)Reality, consisting of Domestic Robocop and Augmented City 3D. Both are impressive pieces of filmmaking and design, depicting a future in which augmented reality technology is prevalent in everyday life.

それらのスキルを利用し、Kさんは 「Domestic Robocop」 「Augmented City 3D」と名付けた2作のショートフィルムシリーズ 「 Augmented (hyper)Reality 」 を作り上げた。AR(オーグメンティッド・リアリティー)技術(※)が日常生活に普及している未来を描いたこれらふたつの作品は、実に見事な映像とデザインで仕上げられている。

※拡張現実。現実空間に仮想空間を重ね合わせる技術のこと。メディアを通したリアル情報にヴァーチャル情報を付加合成すること。



When I ask him how he went about teaching himself filmmaking and animation to such a high standard, he replies, ‘The architectural education in the UK, especially at The Bartlett, is very much focused on do-it-yourself, learn-it-yourself, so there was no question how I would go about learning the skills. Now we live in an age with the internet, you almost don’t need to go to school for anything anymore. You can learn anything you want online. It’s true what they say; if there is something that you’re passionate about, and you work hard at it, you can master it.’

どのようにしてここまでに優れた映像とアニメーションを独学したのか、という質問に対する彼の答えはこう。「イギリスでの建築の教育、特に通ってた学校The Bartlettでは、do-it-yourself (自分でやる), learn-it-yourself (自分で学ぶ)という精神が強く、自分自身でどうやってスキルを身に付けるのかという答えを出すのはもうすでに僕にとって当たり前のことだったんだ。インターネットが利用できる今この時代、もう何のためにも学校にいかなくてもいいくらい、それくらいオンラインで何でも学べるんだ。夢中になれるくらい大好きなことは、懸命に頑張れば何だってマスターできる。よく言われているだけあって、これはやっぱり真実の言葉だと思う。」


His more recent work includes projects such as Prism, which was an installation at the V&A Museum and was also the flagship piece at the London Design Festival 2012. Prism was a digital sculpture that presented an alternative view of London, by representing different public data as facades of a sculpture, visualising live data feeds from places in London. The data included things like the level of the Thames, the number of buses or tubes on the network at that moment, the weather, or the amount of pollutants in the air in certain areas. ‘It aimed to make people think of the city as something which is not just what we can see and touch but also a habitat for machines and computers. All these interactions are happening around us all the time, there are constantly invisible processes and networks happening when we live in a city, and I wanted to visualise that environment.’

ここで最近の作品の一例をあげよう。去年のロンドン・デザイン・フェスティバルの開催中、ビクトリア&アルバート博物館で展示された「Prism」。この作品は数々のファサードから公のデータを映し出すことにより、ロンドンのオルタナティブな眺望を見せるデジタルスカルプチャー。利用されたデータは、テムズ川の水位、その瞬間にロンドンのネットワーク上に走っている地下鉄やバスの数、天気、ロンドンの特定された一箇所の空気上にある汚染物質の量など。「街というのは、目に見えたり触れたりできるものだけではなく、同時にコンピューターや機械などの生息地でもあるのだと伝えることが目的だったんだ。街に住んでいると、自分の周りには実にさまざまなやりとりがあり、絶えず目に見えないプロセスやネットワークが存在する。そのような状況を視覚化させたかったんだ。」


Keiichi’s Japanese-born wife, Asami, also has no formal education in her chosen field of illustration, a career she started concentrating on after moving to the UK in 2009. During her schooling in Japan she never really considered going into anything like illustration or animation. ‘I studied languages and linguistics – Japanese and English – and I was doing a translation job at a biotech company before I came to London. That’s actually where I discovered my interest in illustrating as a career, through using creative programmes such as Photoshop and Illustrator to make flyers and posters and stuff. In the past I often drew, but always on paper, and regrettably I never kept those. It’s so much easier to keep something when it is digital.’

Kさんの妻である日本出身の麻美さん。彼女も2009年にイギリスへ引っ越してきた後に選んだイラストレーションという分野で、形式的な教育は一切受けなかったという。日本での学生時代にはイラストレーターやアニメーターになることなど考えもしていなかった彼女。「日本語と英語そして言語学を勉強して、ロンドンに来る前はバイオテック会社で翻訳の仕事をしていたの。フォトショップやイラストレイターなどのソフトを利用して、ポスターやフライヤーなどを作り上げていたことから、イラスト関係の仕事をしてみたいとそこで初めてそう思った。過去にも絵を描いていたことがあったけれど、いつも紙を使っていたので残念なことにそれらを保存して置くようなことはなかった。何であってもデジタルの方が確実にキープはしやすいと思う。」


Asami’s illustrations, some of which can be seen on her tumblr, are what in Japanese can be described as kimo-kawaii – ‘cute grotesque’. Her colourful and playful yet monstrous characters exude a bizarre humour, perfect for her current work in children’s illustration as well as for a project she and Keiichi are planning on doing together. ‘We collaborated on a paper-plane design for Shortlist magazine in the past,’ she explains, ‘but now we’d like to create a videogame together. Combining Kei’s tech and animation know-how with my character designs, I think we could end up with something really cool.’

タンブラーで見ることのできる麻美さんのイラストは「キモかわいい」といわれるスタイル。少々グロテスクではありながらも、カラフルで遊び心がたっぷりなイラストは奇妙なユーモアを滲み出しており、彼女が今現在進行中の子供用絵本のお仕事にも、Kさんと計画を立てているプロジェクトにもぴったし!彼女はこう説明する。「ショートリストマガジンのために紙飛行機のデザインとコラボレーションをしたことがあるの。でも今回はビデオゲームを一緒に作ってみたい。私のキャラクターデザインと、Kのテクニックとアニメーションのノウハウをひとつにしたら、結構いいものが出来上がると思うんだ。」



Ramen

Asami drew us a Miso Ramen monster! // 麻美さんが特別に描いてくれたみそらーめんモンスター。

Keiichi and Asami have both had previous experience of being freelancers. We talk about some of the difficulties of freelancing and the differences between making it as a freelancer in the UK and in Japan.

Kさんと麻美さんはふたりともフリーランスとして働た経験がある。フリーランスで仕事をする厳しさ、イギリスと日本でフリーランスとして仕事をすることの違いについてもお話を伺ってみた。


Asami explains some of the challenges of suddenly navigating self-employment on arriving in the UK, such as learning how to present yourself to a client, how to price yourself and where to find resources and facilities. She and Keiichi both agree, however, that there are many more networks of support for this kind of learning in the UK. By contrast, this level of support is not found in Japan, they say, where there are far fewer numbers of freelancers in the creative industry. There, if you want to, say, make a music video, the norm is to have to be a fully-fledged employee in a large corporation. Not so in the UK, where the creative industry is run very much on a freelance basis.

クライアントにどのように自分について紹介しようか。自分が行っていく仕事の値段設定はどうしようか。これからの資金や活動場所はどう見つけ出そう。イギリスについたばかりの麻美さんはフリーランスで生計を立てていくためにこのような道筋からまず辿っていかなければならなかっという。けれども、二人は声を揃えてこう言った。イギリスには自分たちのように自己経営を進めたいと思っている人たちをサポートするネットワークがたくさんあるのだと。比較すると、日本のクリエイティブ業界にはフリーランスが少ないがために、イギリスと同等なレベルのサポートを見つけ出すのは極めて難しい。例を挙げると、ミュージックビデオを制作するには、大企業の社員となってそれを行うのが日本では一般的。逆にイギリスのクリエイティブ業界では、フリーランスとしてそれを行うのが一般的なのである。


Keiichi observes: ‘With a few exceptions, for example in radio, where freelancers are commonplace, it’s usually super big corporations in Japan who manage artists and productions, especially in certain creative industries like entertainment.’ Asami adds something that may explain the lack of freelancers in Japan to begin with: ‘In Japan, people don’t really choose what they want to do as their job. They just do whatever comes through for them.’

Kさんはこう述べる。「もちろん例外もある。例えば、ラジオの業界ではフリーランスが多い。でもほとんどは、日本にある大企業がアーティストや彼らの制作活動をマネージメントしているんだ。特に、エンターテイメントなどのクリエイティブ業界ではね。」そして、麻美さんには日本でフリーランスがなぜ少ないのか、彼女なりの考えがあった。「日本にはたいていやりたい仕事を選び抜く人よりも、たまたま縁のあった仕事に妥協してしまう人が多いからじゃないかな。」



aeroplaneshow

Keiichi & Asami with the paper aeroplane design they co-created. // Kさん、麻美さんと、お二人で作り上げた紙飛行機のデザイン。

I ask them if they think that there is an advantage in having a creative industry that runs on freelancers. Keiichi thinks that in the UK it certainly increases the quality of work that’s coming out, and pushes artists to experiment. ‘What happens is that because you work on projects one by one, you’re not afraid to try out different things because it’s only for one job, it’s not for your whole life. There’s also a lot of competition for jobs, and that encourages creativity, because you want to try and diversify your style to stand out from the rest. This allows people who are really good to get to the top very quickly, but if you can’t cut it then you lose out pretty quickly too. So I think it’s probably quite good for creativity although it does make for this very hungry, competitive atmosphere.’

フリーランスによって動いているイギリスのクリエイティブ業界にはメリットがあるのかどうか聞いてみた。フリーランスという個々人が動くことにより、出来上がった作品の質は確かに優れたものへとなっていく。そして結果アーティストたちには経験に基づいた知識や技能を確実に与えることになる。「プロジェクトひとつひとつを自分の手で行っていくので、新しいことにトライするのが怖くなくなるんだ。なぜかというと一回きりのことだから、一生しなくちゃいけない訳でもない。仕事をする上で競争する機会が数あることによって、他から際だって目立つように自分のスタイルを多様化するようにもなるし、それは創造性を育むことへと繋がっていく。才能がある人はすぐにでもトップにいけるし、向いていない人はすぐに切られてしまう、そんな環境なんだ。貪欲で競い争うムードには当然なるけれど、クリエイティビティーにはとても良いことだと思う。」


Keiichi continues to explain the difficulty of being a creative freelancer in Japan: ‘It’s pretty hard for someone like me, an independent designer, to find work in Japan. Firstly, the funding for arts there is basically non-existent. In the UK too it’s got a lot worse recently, but still, people at least appreciate going to see an arts exhibition or want to have interesting experiences in their city, so the government, as well as various other institutional organisations and even some brands, want to invest money in the arts. Veuve Clicquot [the luxury champagne brand] commissioned Prism, for example. As far as I know, things like that don’t really happen in Japan. Also, there’s not much public space so there’s not much public art!’

続いてKさんは、日本のクリエイティブ業界でフリーランスとして働く厳しさをこう説明する。「僕のようなフリーランスのデザイナーは日本で仕事を見つけるのは難しいんだ。まず、アートのために資金提供をしてくれるような団体は基本的には存在しない。イギリスでも最近は厳しい状況なんだけど、こっちの人はやっぱり展覧会に足を運んだり、街中で面白い体験に出会ったりすることに価値を見出している人が多いんだ。その結果、政府や公共団体、著名なブランドまでアートに投資している。例えば、ヴーヴ・クリコ(高級シャンパンブランド)は「Prism」を委託。日本ではこのようなことってあまり行われていないと思う。それと、公共スペースが少ないがために公共のアートも少ないしね。」


We move on to talk about Keiichi’s new company, Arcade, a design and architectural studio launched earlier this year. Founded with William Coleman and James Alliban, both of whom he has worked with on his previous projects, the company aims to cross the border of physical and virtual experiences.

引き続き話は、Kさんが今年のはじめに乗り出したデザインと建築のためのスタジオ「Arcade」についてへと移る。以前プロジェクトで共に働いたウィリアム・コールマンとジェイムズ・アリバンとの三人で設立されたこの会社の目標は、物理とバーチャル、これらふたつの経験の境界線を越えること。


It’s fair to say they’ve been very busy indeed. Arcade’s first piece was The Always-On Telephone Club for Nokia, in which fifty developers were invited to personalise a multi-user app built by Arcade. In March, they exhibited their new piece Soft Array at SXSW, which was an installation consisting of a multitude of touch screens in satellite shaped holders for which people could make apps. In an upcoming project, they will be creating a system of sound activated lasers to go alongside a performance of Stravinsky’s Rite of Spring by The North Netherlands Symphony Orchestra, where each instrument in the 97-piece orchestra will be wired to an individual laser.

彼らは確かに多忙である。Arcadeの初の作品は、彼らが組み立てたマルチ・ユーザー・アプリケーションソフトウェアを50人の開発担当者たちがパーソナライズするよう招待された、ノキアに委託された「The Always-On Telephone Club」。3月には、人々が自在にアプリケーションソフトウェアを作ることができる、衛星アンテナ形のホルダーに組み込まれたタッチ画面のインスタレーション作品「Soft Array」がSXSWフェスティバルに展示された。今後予定されているプロジェクトは、北オランダ管弦楽団によるストラヴィンスキー作「春の祭典」の演奏と同時に平行して行われるレイザーショー。97人のオーケストラの楽器ひとつひとつがレーザーに繋げられその音からシステムを起動させる仕組みになる予定だそう。



Keiichi discusses with me the philosophy behind Arcade and his hopes for its future: ‘Design is not about standing back and commenting on what’s happening in the world, but actually being part of influencing that as well. So we’re hoping to really scale up what we’re doing and work with brands and technology to create more applied design pieces. We have the expertise to make apps but since our niche is looking at the intersection of physical and virtual, we don’t want to make apps that only live online, we want to make apps that live in the real and physical world. The same with architecture – we don’t want to make architecture that just stands there and ignores what’s happening in terms of information technology, we want to fuse the two together. So at the moment, in these early stages, it’s a lot of exhibition design, performance design, that kind of thing. But I think in the future we could forge a new path and create a new discipline that doesn’t exist at the moment. A kind of responsive, interactive architecture; hybrid environments that are part virtual and part physical.’

KさんはArcadeの哲学と将来の希望を私にこう教えてくれた。「 デザインはただ立ち上がって世界の出来事に発言することではない、まさに影響を与える役割を持つんだ。実際に使えるデザイン作品を作成するためにブランドとテクノロジーを使って自分たちがやっていることのスケールを大きくしていきたいんだ。アプリケーションソフトウェアを作る専門の知識はあるけれど、私たちが埋めることを目標としている隙間は物理とバーチャルの交わりを探求することだから、ただ単にオンラインでアプリケーションを作るだけではなく、現実と物理的な世界にあるアプリケーションを作りたいと思っている。それは建築も同じ。情報技術にある出来事を無視した建築を作るのではなく、その二つの技術を融合したいんだ。今はまだまだ初期の段階で、展示デザインやパフォーマンスデザインが多い。でも将来的には新しい道をつくって、現在には存在しない新たな技術を作成できると思うんだ。よく作用し合うタイプの建築。物理的かつバーチャル、そんなハイブリットな環境の建築をね。」


This might sound ambitious, but Keiichi is totally convincing. Both he and Asami are proof that an enterprising DIY mentality really does pay off. Needless to say we’re sure to see lots more exciting work from them both in the near future.

もっとも野心的ではあるのだが、Kさんの発する言葉には全くもって説得力がある。 自ら進んでことを成していくDIY精神を得てして、そして報われる。Kさん、麻美さんはこんな言葉の生きる証拠ではないだろうか。近いうちに彼らから数多くの刺激的な作品を期待できるであろう。


Many thanks to Keiichi and Asami Matsuda.

取材協力 – 松田Kさん、松田麻美さん


Keiichi Matsuda
keiichimatsuda.com
www.facebook.com/keiichimatsuda
arcade.cx
twitter.com/keiichiban

Asami Matsuda
pipipipipiggy.tumblr.com