Sam Seager On His Photobook ‘Broken Things’


Words by Erica O. Luke / Photos by Sam Seager

Sam Seager

Sam Seager with Yamamoto-san; all round mountain expert, fisherman and ballroom dance fan. Niigata Prefecture, 2010.

One year after the 2011 Tohoku earthquake and tsunami, London based photographer Sam Seager travelled to capture the areas most affected and the stories of the communities and individuals who live there. Now approaching the 2nd anniversary of the disaster, a selection of photographs from this two week trip along the Tohoku coast have been released in his self-published book, ‘Broken Things’. Proceeds from the sale of ‘Broken Things’ will be donated to local charities in Tohoku and it’s available on Amazon in the UK and also through his website www.samseager.co.uk

2011年の東日本大震災から一年後、ロンドンの写真作家サム・シーガーは、震災の影響を最も受けた地域と,そのコミュニティー、そしてそこに暮らすひとりひとりのストーリーを撮影するため、東北地方を旅して回りました。あの大惨事からちょうどニ年が経とうとしている今、二週間の東北沿岸の旅をしながら収めた写真を集めた自己出版の作品集、~Broken Things~こわれたもの~が発売されています。 この本の売り上げは東北地方のチャリティー団体に寄付されます。イギリスのアマゾンと彼のウェブサイト、www.samseager.co.ukを通して、写真集をご購入頂けます。


With the elegant and restrained design by Stewart Armstrong, the book comes enclosed in delicate washi-paper that is unwrapped to reveal the title in Japanese type created from a map of the coastline in Iwate and Miyagi prefecture, specifically from locations that Sam visited during his trip.

繊細な和紙で包まれ、スチュワート・アムストロングの手によって上品かつ控えめにデザインされたこの写真集は、 岩手県、宮城県、その中でも主にサムが旅行中に訪れた地域の沿岸の地図から制作された文字でタイトルが描かれています。


Although dealing with a tough subject matter, the pulling together, resolve and hope that can be seen in the photographs, combined with the fact that the publication was made possible through crowd funding site Kickstarter and the proceeds from the sale of the book to be donated to local charities in Tohoku, a real sense of community and collective goodwill envelops Sam’s project. We asked him some questions about his experience and the process of creating this absorbing work.

大惨事であるにも関わらず、写真から伝わってくる協力、決意、そして希望という言葉を当てはまるにふさわしいメッセージ。そして、民衆基金サイト、「キックスターター」を通して写真集の出版が可能になり、その売り上げ金が東北のチャリティー団体に寄付されるということ。これらの事実をよく考え合わせると、なんともサムさんのこのプロジェクトはコミュニティとそこにいる人たちの温かい好意に包まれているような、そんな印象を受けます。今回、わたしたちはサムさんの一連の経験談、そして人々をとりこにする写真作品を生み出すプロセスについて、お話を伺いました。


What compelled you to embark on this project? Was it your first time in Japan?

何がサムさんがこのプロジェクトへと乗り出すきっかけとなったのですか?日本を訪れたのは初めてのことだったのですか?


I’ve always been curious about the country and so during university I spent three months teaching English in Urawa, just outside of Tokyo. I fell in love with rural Japan during that time and then for years after thought about coming back to photograph. I finally stumbled on a small article about the slow de-population of villages around the country and that was my reason. This was in 2010, and after asking all my Japanese friends and contacts if I could go stay with their grandparents, I took a sabbatical and started on what was a journey of over 6000km on local trains through the most out of the way places I could find.

そもそも長い間日本という国に関心があったこともあり、大学時代のある三ヶ月間、東京から少し離れた浦和市という町で英語の先生をしながら時を過ごしました。その滞在時に日本の田園風景に恋に落ちてしまい、何年後かには田舎町を撮影するために日本に再び戻って来ようと考えてはいたのです。その際、過疎化が進む地域の村に関する小さな記事に決定的に出くわし、それが私の大きな気勢となりました。これが2010年のこと。それから私のあらゆる日本人の友人に連絡を取り、彼らの祖父母の家に滞在できないか聞いて回ったのです。それから休暇を取り、地方の列車に乗って6000kmを超え、都会から離れたいわば日本の遠隔の地を巡る旅をスタートしたのです。


The really quite special experiences I had on this trip, from ballroom dancing with OAP farmers to fly fishing in Kyushu and heating up fires under baths in Tottori with a kind-hearted 93 year old Oji-san, became the reason why I wanted to return for this particular project. Seeing those horrific images of the disaster, I kept thinking that I should go and see how life had really been affected there.

九州では農業を営むおじいさん、おばあさんと宴会場でダンスをしたり、魚釣りを体験したり。鳥取では93歳という年齢の心の温かいおじいさんと共に銭湯で温まったり。これらの旅で得た本当に特別な体験があったからこそ、特にこのプロジェクトのために日本に戻りたいと強く思ったのです。恐ろしい震災の映像を見てから、日本に行き、そこでの生活は震災の影響をいかにして受けているのかを自分の目で確かめたいとずっと思い続けていました。


79_mg_9894Broken Things_rgb1

In “Broken Things”, you talk about the ‘tsunami zones’ you visited. Could you tell us what these are? Could anyone go and visit these spaces? Were they places that the residents often visited or did they prefer to avoid them?

写真集~Broken Things ~こわれたもの~の中で、サムさんが訪問した津波の被害にあった地域についてお話されていましたが、ここでもそれについて詳しく教えて頂けますか?どのような人でもその地区を訪れ、滞在することは可能なのですか?周囲で生活する人が、今でもよく足を運ぶ場所ですか?それともあえて訪問を避けている場所ですか?


These are the now empty spaces left all along the Pacific coastline of Tohoku in the wake of the earthquake and tsunami. Now with the initial clearing complete in many areas you’re left with the footprint of towns with foundations and streets still largely visible but much else gone. It’s these voids that are most shocking, these areas had restaurants, shops, offices; the places where you carried out daily life, grew up and got married. These were all gone, and I think that the sense of loss is felt very acutely by those who grew up there.

大地震と津波の被害により、今現在、東北の太平洋沿岸は空所となってしまっています。 受け入れ洗浄が完全に済まされた今では、建物の基礎と道路以外何もなく、いまだ大部分は町の足跡だけが残されています。やはりこのようなむなしさ残る空間を目にする瞬間が一番衝撃的なのです。レストラン、お店、会社等、人々が日常生活を送り、育ったり、結婚したりした場所。これらすべてが無くなってしまったことにより、特にそこで育った人たちは心の底から強く喪失感を覚えたことと思います。


You’re free to go through them and some have repaired coastal roads so they’re not empty of people. There were some buildings that have become places for passers-bys to pay their respects and take a moment to reflect, or those who lost loved ones to come to pray at, but on the whole they’re avoided, as there is nothing there. There’s construction workers and officials coming through but large scale rebuilding has not effectively started. Or people visit just out of curiosity.

誰でも津波の被害にあった地域に自由に出入りができ、修復された沿岸の道を通ることもできるので、人がまったくいないということはありません。そこには、被災地に訪れた人が被災者に追悼の念を送ったり、回想にふける時間を過ごしたりするために設けられた場所、愛する人・ものを失った人が祈りを捧げに訪れる場となった建物もいくつか見受けられます。しかし、 全体的に見るとそこはやはり何もないに等しく、人々が近寄らない場所であると言えるのではないかと思います。 建設業界や政府の関係者が訪れ、目を通してはいるようですが、実際には大きなスケールの修復工事は始まってはいないようです。それか、一種の好奇心のようなものからその地を踏む人がいるかです。


40_mg_8874Broken Things_rgb1

Did your first hand experience of the aftermath differ from what you expected to find?

実際に体験した震災後の援助活動は当初予想していたものと異なりましたか?


I’d watched a lot of footage of the disaster unfolding and its aftermath but that always felt of such an impersonal nature, it’s very different to then sit in someone’s home and have them show you how the water had risen to the ceiling while they tried desperately to escape. Equally though when you’re there you realise that despite everything that’s happened life has to carry on, and once you look past the devastation there’s a sense of normality, people are still seeing friends, having children and going to Onsen and a million other things. There was also a lot more humour and laughter than I expected, many stories were told, even from the day of the tsunami, which had people cracking up. 

大災害というものを明らかにする映像を目にする度に、これほど人間味に欠ける自然の姿があるものかと自分の目を疑ってしまいます。’災害時に自分たちが必死になって逃げようとしている間に水がどのようにして天井まで上がってきたか’、というような説明を誰かの家で受けることとはまったく別の心地がするのです。それでも、もしあなたがたがそこにいたら、ともかく生活し続けていかなければならないことを悟るでしょうし、一度廃墟を見回したらそこが今現在の’あたりまえ’なのです。それでもそこに暮らす人は友達に会いに出かけもするし、子供を生んで、育てもする。温泉に浸かりにだっていくし,他にも当然そこにだって数多くの生活のはしくれがあるのです。予想以上にそこにはユーモアや笑いもあります。津波が到来したその当日の出来事にさえも大笑いをする瞬間もあったりするのです。


The scenery can be very shocking and yet you go into someone’s home, the door closes and tea’s put on, stories shared and it suddenly feels like you’re in a much more normal situation, as if it could be anywhere else in Japan.

まわりの風景はとても言葉では言い表せないほど衝撃的であるのに、それにも関わらず、被災者のお宅を訪問すれば、家の扉はきちんと閉められ、お茶だって振舞われる。そして震災当日の出来事についての話だってするのです。そんな時、ふいに、あの3月11日に何もなかったかのような、普段とまったく変わりない境遇にいるような、まるで日本のどこか他の場所にいるような感覚を覚えます。


This was my first experience photographing in such a situation and at times I found my reaction to scenes quite surprising or challenging, for instance being stopped in my tracks watching the sun set over a bay and thinking how beautiful it was. Then feeling guilty because clearly it was a place where buildings and homes once stood and yet I was somehow seeing beauty in the scene.

このような状況で写真を撮るということは初めての経験で、ときおり自分のリアクションにまで驚いたり、つらく感じる時もありました。 例えば 、入江の上に太陽が沈む光景を目にした際、あまりの美しさに足が動かなくなってしまったとき。それからすぐにはっと罪の意識みたいなものを感じるのです。なぜなら、疑いなく以前は建物や家々が並んだその場所で、どういうわけかその時の自分はその場面で美くしいものを感じているのだから。


129_mg_0346Broken Things_rgb1

What was the reaction of your subjects to you and your project when you visited? Were there any times you felt uncomfortable in involving yourself in what could be a very sensitive topic?

被災地への訪問時、サムさんご自身やプロジェクトに対して、現地の人々からの反応はいかがでしたか?このような慎重に取り扱われるべき話題の中に自身を置くことに関して、何か不安に感じたり、気兼ねをしてしまうようなことはなかったですか?


It was a particularly sensitive time to go around the first anniversary but also an interesting moment as people reflected on the past year. There were perhaps two moments when I realised that it really was too sensitive and someone was offering to help, out of a sense of duty and I’d thank them but move on. These were actually some of the most humbling and emotional moments but in general my hosts were keen to talk about everything from stories of the day, life before and events since. We’d quite often sit and watch footage of the tsunami hitting their hometown and that could be uncomfortable, I often wondered why people were so keen to show it.

特に一周年のときは落ち着きの無さを感じました。しかし、それは同様に人々が一年も経過したことを振り返るという大変興味深いひとときでもあったのです。今思えば、自分がセンシティブ過ぎたなと感じる時が2度ほどあったと思います。現地の方が、被災地を訪れた私に対する一種の義務感のようなものから私を助けようとしてくれたとき。一旦は感謝の気持ちを伝えましたが、それでもやはりその場から離れてしまった。このようなことがありました。すこぶる謙虚で感情的な瞬間なのですが、たいてい私が訪れた方々は、震災当日の話から、それ以前の生活、その後の体験まで、すべてを熱心に話して下さるのです。私たちは何度もテレビの前に座り、彼らのふるさとに津波が押し寄せる場面を幾度となく見ましたが、なぜみんな、心穏やかに絶対に見られるはずのない、そんな場面を私に見せようとしてくれるのだろうと毎回不思議に思いましたね。


You discuss the campaign of returning photographs that were recovered from the debris to their owners, and how people would cry with happiness. Living in an age where people don’t tend to print physical copies of pictures, did it change your perspective in the importance of a printed photograph?

瓦礫の中から取り除かれた写真を持ち主の元へと送り届ける。このキャンペーンで写真を受け取った人は嬉しさのあまり泣き出してしまうのだと、お話されていますね。今私たちは写真を物質的に印刷しない傾向にある、そんな時代に生きていますが、このキャンペーンを通して、写真を印刷するという行為の重要性についてサムさん自身の感じ方はどこか変わりましたか?


There’s something that I’ve noticed on previous trips to Japan, that in most towns no matter how small, there will be a local photographer with an in-house studio. By all accounts they are still successful and work documenting life’s key moments, children’s birthdays, weddings, official ceremonies, high school graduation etc. As such it seems to me that the printed image is still very much important and that is especially so in these relatively traditional towns in Tohoku where place, kinship, ancestors and extended family are all very important.

以前、日本を旅していたときから気がついていたことなのですが、ほとんどの町が、いかに小さかろうがそんなことは関係なく、小さなスタジオをもつ町の専属カメラマンがいるのです。彼らはみな、今でも写真家として成功を収め、子供たちの誕生日、七五三、成人式、高校の卒業式、結婚式等、数多くある人生の節目を記録に残す、というような仕事をしています。このような数ある場面で収められ、そして印刷された写真は、日本ではいまだ大切にされているようですね。血縁関係、ご先祖等、広範囲に及ぶ家族関係に重きを置かれている東北地方のような比較的伝統的な場所では、特に大事にされているように感じます。


When I saw the albums and photos that the volunteers had archived in Noda-mura it was like a storehouse of memories. It goes back to something I mentioned earlier, that with much of these coastal towns swept away I kept hearing that this can have the impact of rendering the past non-existent as memories lack the physical touch points that sustain them.

野田村にてボランティアスタッフが記録していたアルバムと写真をみたとき、それは思い出の宝庫のようでした。話は戻りますが、海岸沿いの町がみな押し流されてしまった後、そこに暮らしていた住民の思い出を支える物理的な接点が欠いてしまい、彼らにすべての過去、思い出が存在しないような強い衝撃が与えられたのではないかという話をよく聞きました。


I heard that once word got around that everyone from rescue workers to townspeople and soldiers would start picking the photos up and delivering them to the volunteers collection point and soon enough they had thousands of images and albums. There was a real sense of purpose, an achievable effort to bring community together and that was really touching to hear about.

このキャンペーンの内容が広まり、救助隊員や地域住民、自衛隊の方々まで数多くの人たちが写真を見つけては拾い集め、写真の回収所のボランティアスタッフへ届け始めるようになったことにより、あっという間に何千もの写真やアルバムが集まったのです。大きな目的意識、そして、皆が協力することでコミュニティをひとつにすることを可能にする取り組みがある事を知り、本当に感動したのを覚えています。


47_MG_9032_Broken Things_crop_rgb1

Seeing all those thousands of photographs, they do tell you something about a family’s history. I grew up looking through photographs of my grandparents, my parents as kids and them then growing up, meeting each other and subsequently photographs of my own childhood. I actually think future generations will probably be very lucky. Yes there’s a nostalgia in looking at a printed image but you’ll be able to go through thousands of images of people’s lives on Facebook and Instagram and I don’t honestly know if that takes anything away. I have friends who have set up Facebook pages for their children from the day they’re born, as long as it doesn’t go bust that’s a repository of experience, thought and imagery far in advance of the photo album my mum started for me.

何千とあるすべての写真を見ていると、それら一枚一枚は家族の歴史について何か訴えかけているように思います。私は祖父母の写真、子供の頃の両親とそれから彼らが大人になった写真、その後で自分自身の幼少時代の写真、それぞれを照らし合わせて見ながら育ちました。実は私は未来の世代はおそらくとてもラッキーなんじゃないかなという風に思っています。もちろんプリントされた写真にはノスタルジーが感じられるという大きな価値がありますが、フェイスブックやインスタグラムを利用することで人々の暮らしの画像イメージを何千とくまなく見ることができるのです。正直な話、それらの写真がデジタルであるから、だから特別何か欠いているというとかそのような様な事でないと思うのです。私の友人は、子供が生まれたその日からフェイスブックのぺージを作り、彼らがしてきた経験、そこから思い巡らされる思考、そして数多くの画像を容量が許される限りそこに残していますが、母が私のために作り始めていたフォトアルバムよりもはるかに高度な物に仕上がるんじゃないかなって、そんな気がしています。


I’ve always thought that images, be they printed or digital have an inherent fragility and as such it’s important to make the best efforts to look after them, which may be harder now as images are so immediate I think there’s a danger that they have lost some value.

写真の画像イメージについて、プリントもデジタルも関係なくそれらに特有のもろさが備わっており、最善の努力を払って写真ケアすることがいかに重要であるかを常に考えています。特に今現在、画像イメージというものは、どんどん即席なものとなっているため、その価値観が薄れていってしまう危険性があるのではないかと考えているのです。


My views on such topics change slowly over time, I used to think I’d never own a digital camera and that they lacked something special that only film had. I’m still an analogue fan but often now you can’t tell the difference between a processed digital or film image. In fact the best compliment you can give me is to ask if my digital photographs were taken on film.

このような話題についての自分の見解は、実は、時を経る度徐々に変化するのです。前は、フィルムが持つ特別な何かが欠けているような気がしていたため、デジタルカメラは絶対に使用しないと決めていました。まだまだ私はアナログファンですが、今ではたびたび使用するデジタルカメラの画像イメージと、フィルムで撮ったそれらの違いを見分けることは正直できません。私にとって一番のほめ言葉はデジタルカメラで撮った写真に対して、フィルムで撮影したのか聞かれることだったりするのです。


The lesson is back up your hard drives, invest in cloud storage and just don’t run the risk of not being able to show your kids all those thousands of Facebook photos of over-partying, random food and cute kittens.

最近の課題は、ハードドライブをバックアップしクラウドのストレージに取り込むことですね。フェイスブックにアップロードされた何千とある、少し派手過ぎるパーティー写真、いいかげんに載せられた不特定な食べ物や可愛らしい子猫やらの写真を子供たちに見せられない。そんな危険性がないように。


82_mg_9951Broken Things_rgb1

Could you talk us through how you found the self-publishing process?

どのような過程を通して自己出版の道へとたどり着いたか教えていただけますか?


It was a revelation, a source of much education in the book-making process and an excuse to work with one of my favourite people, Stewart Armstrong who designed it. After deciding that a book was the best way to show the pictures in a coherent and simple form, the question was then how do I make it happen. I wanted to keep things realistic and achievable so started looking into costs based on photo books I really liked and finding out where they had been printed.

新しい発見で満ちていました。本作りのプロセスについて、そのおおもとについて多くを学ぶことができましたし、この本をデザインしてくれた私の大好きなデザイナー、スチュワート・アムストロングと共に仕事ができたことも何よりの収穫!’写真をよりシンプルにまとめるためにはやはり本を作ろう!’と決めた後は、それをどのように行うか、それが問題だったのです。私はひとつひとつの手順をより現実的に、完璧に達成させたかったので、私が好きなフォトブックがどこで制作されたのかを見つけ出し、それをベースにコストの計算をしました。


Once I had these costs and a timeline and realised that I didn’t know any wealthy and generous benefactors then it became clear that a Kickstarter campaign, which I launched in the UK on Oct 31st 2012, could be a viable route. It’s quite a specific subject but through contacting everyone I know and lots of nice people sharing links to the project and people just stumbling on it through Kickstarter I was able to raise the necessary funds. The printers were in Germany and extremely helpful. Even for a book that is relatively simple there’s so many different variables. They make the process interesting and creative but also pose interesting challenges.

これらのコストの計算とタイムラインを一度具体的に持ってみて、自分は結局、言ってしまえば裕福で物惜しみをしない後援者を誰ひとりとして知らないのだと気がついたのです。その後で、「キックスターター」のキャンペーンが一番実行可能なルートなのだとはっきりと理解することができましたね。完全に特定のテーマではあったのですが、イギリスで2012年10月31日に開始したこのプロジェクトを知り合い全員に紹介したのです。なかでも親切な知人はありがたいことにリンク先をシェアしてくれましたよ。「キックスターター」から出会った人たちに頼ったこともありました。このようにして、なんとか必要な資金を調達することができたのです。印刷所はドイツにあり、そこにいたスタッフには本当に助けられましたね。比較的シンプルな本であっても、そこには数多くの不変性があるのです。それらは本作りのプロセスをより面白く、クリエイティヴにしますが、同時に難しい課題も持ち出してきます。


Laying out Japanese type was also a conundrum and also at the last minute we realised that we should probably check the font being used for the Japanese text. Several friends said that it was like the Japanese version of Comic Sans and suggested changing. That was the day before the print deadlines so after a minor freak out we got it done and delivered everything. I suspect that particular aspect could have been refined but I think we got it to a fairly decent standard.

日本語の活字をレイアウトすることも疑問のひとつで、そのために使うフォントも確認しなければならないのではないのかと、期限が迫っていた時にちょうど気が付いたのです。友人の何人かが Comic Sans (少し子供じみた、おどけた印象を持つフォント)の日本語のバージョンのようなものを教えてくれて、変更することを勧めてくれました。その日はちょうど印刷の締め切り日の前日だったので多少はパニック状態に陥りもしたのですが、最終的にフォントの変更は間に合い、すべてを届けることができたのです。おそらくこのような細やかで特殊な物事はもっと洗練されるべきなのだろうという思いもしますが、割かし規範的に行うことができたのではないかという気もしています。



stewart's book 10503_s

Tell us a little about the charities that you will be supporting using the proceeds from the book.

ご自身の写真集の売り上げ金から行う予定である、チャリティー活動について少しだけ教えて頂けますか?


There are many great charities working on the ground in Tohoku and I came into contact with a few of them. One of those was It’s Not Just Mud which operated from two tsunami damaged houses in Ishinomaki. Ranging widely through the area they take on literally everything, from rebuilding homes, clearing debris, putting on entertainment for kids, helping get businesses up and running again, all with an amazing camaraderie. I was really impressed with their can do attitude using limited resources and with a great mix of Japanese and foreign volunteers.

東北には、多くの素晴らしいチャリティーが存在し、私はそれらのいくつかと出会それらのうちのひとつ、It’s Not Just Mudは石巻市にあり、津波による被害を受けたあるふたつの家で運営されているもの。彼らは素晴らしい仲間意識と共に、全ての仕事(住宅の改築、瓦礫処理、子供たちのためのイベントを開催したり、ビジネスの立ち上げや経営再生を助けたり)を引き受けています。限られた資源と日本人、外国人問わないすばらしいボランティアの方々から成る彼らの活動には本当に感銘を受けました。


O.G.A for Aid are based in Minamisanriku and were suggested by a contact who knows their work well. What I liked was that their focus is on green/environmentally friendly projects to help victims of the disaster regain their livelihoods. For instance reclaiming unused farmland as a way of building communities, providing work for unemployed and new sources of revenue.

O.G.A for Aidは南三陸町を拠点に活動し、彼らの活動を良く知る人たちとコンタクトを取ることでそれを提案しています。私がその何が好きかというと、被災者を援助し暮らしを取り戻すために、グリーンでエコフレドリーなプロジェクトに焦点を当てているところ。例えば、再生できる未使用の農地を使い、建物を建て直すひとつのコミュニティとして、仕事のない人たちに仕事を与えたり、団体の歳入資源にしたりしています。


What’s next on the cards for you?

今後の活動予定について教えていただけますか?


Good question, I’m keen to keep on publicising the book and now with the printing and costs funded it means that money from purchases can accumulate for the charity donations that I’ll make near the end of the year. It’s available on Amazon in the UK and also through my website www.samseager.co.uk

いい質問ですね。やはり私は本を出版を続けたいです。今はプリント作業をしたり、これからの本の売上金を、年末あたりまでにできるであろうチャリティーのために積み立てたりしている真っ只中です。ちなみに、イギリスのアマゾンと私のウェブサイト、www.samseager.co.ukを通して、写真集をご購入頂けます。


Other than that I’m thinking about returning to Japan, possibly Hokkaido and also Tohoku again, and I’m looking to other countries and the UK for other interesting stories to photograph.

www.samseager.co.uk

他にあげるとするならば、再び日本を訪れ、可能であれば北海道にも行ってみたいし、東北地方にもう一度戻りたいと考えています。それと、他の国や自分の国であるイギリスもよく見て、写真作家として何か新しいストーリーを見つけたいです。