An Interview With ‘Stanley Pickle’ Actress Haruka Abe

Words by Erica O. Luke

haruka

Back in 2011 I went to a screening of a short film at The W Project, an exhibition of work by female talent across multiple creative disciplines held to celebrate the 100th anniversary of International Women’s Day. I remember being utterly enchanted by the stylish aesthetics and charming story of the piece. The short was the brilliant ‘Stanley Pickle’ directed by Victoria Mather, which was finally premiered online last month, after an enormously successful run in the festival circuit, winning over 30 international awards.

International Women’s Dayの100周年の記念を祝うため、さまざまなクリエイティブな分野で活躍する女性アーティストによる作品の展覧会『The W Project』が2011年に開催され、私はその中のひとつ、ショートフィルムの上映会に足を運びました。私自身、作品のスタイリッシュな美的感覚とチャーミングな物語に完全に魅了されてしまった、メイザー・ビクトリア監督による「スタンリー・ピクル」。その見事なショートフィルム作品は多くのフェスティバルではなはだしい成功を収め、実に30を超える国際的な賞を受賞したのち、ようやく先月になってはじめてインターネット上での上演を果たしました。


Make yourself a cup of tea and spend 11 minutes of your day being transported to the whimsical yet dark world of the impressive National Film and Television School graduation film.

一日のうち、およそ11分ほど。温かいお茶でもいれて国際的にも著名な映画学校、「National Film and Television School」の卒業記念作品の中の一風変わった世界に足を踏み入れてみてください。


I had a chat with actress Haruka Abe who plays Bluebell, the mysterious woodland creature whose playful frolicking enchants the protagonist, about the film and also how she’s found being a Japanese actress in the UK.

今回、主人公を魅了した森の中で遊び戯れるミステリアスないきもの、「ブルーベル」を演じた安部春香さんに「スタンリー・ピクル」について、イギリスでの日本人俳優としての経験について、お話を伺いました。


Can you tell us a bit about how you came a star in ‘Stanley Pickle’?

「スタンリー・ピクル」に出演を決めるまでのいきさつを教えてください。


The director Victoria Mather and I had worked together before on another short film. (We filmed it in a bathtub in Stanley Kubrick’s barn. Surreal.) We hit it off straight away and wanted to work together again on a pixilation short she had in mind. Few months later she got in touch with the first draft of Stanley Pickle, and it was love at first read.

監督のメイザー・ビクトリアさんとは、以前にも一度、ショートフィルムを一緒に撮影したことがあったんです。(ちなみにその作品はキューブリック・スタンリーの納屋の中のお風呂で撮影したんです!少し奇妙よね!)彼女とははじめの仕事からぴったり息が合って、ぜひ彼女が前々から計画していたピクシレーションフィルム(※人間をコマ撮りする技法によりつくられる映画)で一緒にまた仕事がしたいと思っていたら、その何ヶ月か後に「スタンリー・ピクル」の初稿が彼女から送られてきて。それにはひと目惚れならぬ、ひと読み惚れをしてしまった!



desklarge

You throw a lot of graceful movements in the film. Have you ever been trained as a dancer?

映画の中で、とても優雅な動きをしていますね。ダンスのトレーニングを受けた経験があったのですか?


I did grow up surrounded by dance. My sister has danced all her life and became a professional ballerina at a very early age. I on the other hand did a bit of ballet and a bit of jazz here and there although I never had the determination to pursue them properly. I always loved dance though and I trained in physical theatre whilst at drama school. Filming ‘Stanley Pickle’ required a huge amount of physical control and expression (the forest scene took about an hour per take, moving one inch at a time), so those experiences really helped.

ダンスに囲まれた環境で育ちました。妹は若いころにプロのバレリーナになって、これまでの人生をダンスに注いできた。一方で私は、バレーやジャズダンスをやってみたけど、それらを仕事として続ける決心はしなかったんです。それでもやっぱりダンスは好きで、演劇学校ではフィジカル・シアター(※身体表現を主にした舞台芸術全般)の特訓も受けました。「スタンリー・ピクル」を撮影するには、身体のコントロールとその表現が必要不可欠だったから、これらすべての経験が本当に役立ったと思う。(ちなみに森のシーンは1テイクに約1時間掛かったんです!一回一回、それぞれの動きが3センチづつだったの!)


‘Stanley Pickle’ has won many awards and prizes – what is your response to its success? What do you think it is about the film that people like?

「スタンリー・ピクル」は実に多くの賞を獲得していますね。このような成功を収めたことに関してどのように感じていますか?映画の人気について、はるかさん自身はどのように考えますか?


I couldn’t be happier with the positive response Stanley has received, especially because I know how much time and effort Vicky and the team had put into it to bring it to life. I think it’s a very sincere piece of filmmaking (everything was carefully planned, crafted, shot and pieced together, one frame at a time) and the audience really likes the aesthetics and the world Vicky created.

スタンリーに対して明確で手ごたえのある反響を数多くいただけたことは、本当に嬉しいです。というのも、監督のビクトリアと彼女のチームがどれ程の時間と努力を重ねてこの映画を創りあげていったかを知っているから。とても誠実でまじめな映画づくりだったと思うし、(計画され、制作され、撮影され、一コマ一コマつくりあげられて。これらすべての作業がとても慎重になされていたんです)きっとお客さまはこのようにしてビクトリアが創りあげた美学と世界を愛してくれているんだと思う。



Filmstill

Can you tell us about your background?

簡単な経歴を教えていただけますか?


I was born in Tokyo, and spent my early childhood moving between Tokyo, New York and London with my family. I went to middle school and high school in Japan, and when I was 18 I decided to move back to London on my own to pursue acting.

東京に生まれ、幼少時代には家族と東京、ニューヨーク、ロンドンを引っ越してまわりました。中学、高校時代を日本で過ごし、18歳の頃、俳優の仕事を追求することを決意し、ひとりでロンドンに戻りました。


What drew you to becoming an actress? Is it something you fell into or has it been a childhood dream?

どのようなきっかけから俳優になろうと思ったのですか?小さい頃からの夢ですか?それとも、自然の成り行きでやっていたことだったのでしょうか?


I was going to be a mermaid who was also a painter but I reconsidered my career path when I was 8 and decided to be an actress instead. The turning point was when I played Bilbo Baggins in the school play adaptation of The Hobbit. I’ve never looked back since. (Some may say I probably should have but hey.)

小さい頃は、絵を描く仕事もできる人魚姫になりたいだなんて考えていました!だけど、8歳のときにもう一度将来について考えて、その時に出た答えが俳優という道だった。自分のターニングポイントは学校の演劇で「The Hobbit」のビルボー・バギンズを演じたとき。その日以来、何も振り返らずに今までやってきました!(振り返ったほうが良いという人もいるけれど。)


How does living in the UK compare to Japan? Do you have a preference?

イギリスでの生活は日本のそれと比べてどうですか?どちらに住むのが好きですか?


I like both countries for different reasons. I love living in London because nobody cares who you are or what you are, you can be yourself and people will still appreciate you. Life in the UK can be tough and challenging but equally fun, creative and exciting. I love spending time in Japan because that’s where my family is and I do miss it. But I think living there can get too comfortable in an uncomfortable way if it makes any sense. Although I do love being in the comfort zone every now and again, I think it can stifle your creativity and ambition. In an ideal world I would like to split my time between the cities I love, like Tokyo, London and NY.

それぞれ違った理由でイギリス、日本、それぞれの国が好きです。ロンドンが好きなのは、自分が何者だとか、何をやっているかとか、そういった類のことに関わらず自分自身でいてさえすれば、周りの人が認めてくれるから。イギリスでの生活は時に厳しく、挑戦的だったりもするけど、同じくらい楽しくって、クリエイティブで刺激的でもある。日本もちろん好き。家族と日本で過ごす時間がやっぱり恋しい。それでも、(ナンセンスに聞こえるだろうけど)そこにいると落ち着かないほど心地よくなってしまうことがある。たまには心地良いのもいいんだけど、それが続くと創造性と野心が抑えられてしまうと思うんです。理想をいえば、大好きな東京、ロンドン、ニューヨーク、それぞれの間で時を過ごしたい!


What are you favourite places in the UK and in Japan?

イギリスと日本、それぞれ好きな場所は?


Covent Garden, Primrose Hill and South Bank are my 3 favourite places in London. I’ve only travelled outside of London for work so I haven’t really seen enough, but I love Manchester and York. Kyoto is one of my favourite cities and if anyone is planning a trip to Japan I always recommend them to spend some time there. I do love Okinawa where I used to go every summer with my family and Tokyo Disneyland which is like my second home.


コベント・ガーデン、プリムローズ・ヒル、サウス・バンクはロンドンで大好きな場所。ロンドン以外の場所には仕事以外で訪れたことはあまりなくて。それでもマンチェスターとヨークは好きですね。日本だと、京都が好き。日本を旅行するっていう計画を立てている人には、毎回京都に行くことを勧めています。昔、毎年夏になると家族と旅行していた沖縄も好きだし、東京ディズニーランドは私の第二の家のようなものです。


What do you think the difference is between being an actress in Japan and in the UK?

俳優であることに、日本とイギリス、どのような違いがありますか?


I don’t really have enough experience of working in Japan as an actress to be able to make a fair comparison, although I did work on several NHK dramas as a child. But from what I understand, the Japanese industry is built upon very strict set of rules and you have to have excellent social skills. Few years ago I attended a week long workshop in Tokyo lead by an established film director. When we went out for a post workshop drinks, I was sat next to him. I was then told off by an actress course mate who was sitting next to me because she saw that the director’s glass was almost empty and I wasn’t topping up his sake. That’s when I realised that I won’t survive a day there! I would still love to work there some time, but I think I would prefer working in the UK because the industry here is more open, diverse and creative.

子供の頃にNHKのドラマにいくつか出演して以来、日本での俳優の経験はあまりないので、ちゃんとした比較はできないかも知れない。それでも、自分が正しく理解できていることを前提で話すならば、日本の業界はとても厳しいルールが土台として存在しているがために、優れた礼儀作法が求めらていれると思います。東京で何年か前に、ある著名な映画監督による一週間のワークショップに参加したときのこと。ある日のワークショップ後、参加者のみなさんと監督と呑みに行ったときに、監督の隣の席に私が座っていたんです。すると逆隣に座っていた同じ受講生だった女優さんに、監督のグラスが空になりそうなことに気づかずに、お酒を注いで差し上げなかったことについて注意をされてしまった。その瞬間、日本で俳優としては一日も持たないってことに気が付きました。いつかもう一度日本でも働いてみたいという気持ちはあるけれど、イギリスの業界はもっとオープンで柔軟性もあって、クリエイティブで。私にとってはこちらの方が働きやすいかなと思います。



yukistill

What have you been working on recently?

最近はどのような仕事をしていますか?


Some feature length films, some short films and some TV shows. I was lucky enough to be involved in a feature film adaptation of a great novel called The Knife That Killed Me last year, and I got to meet some fantastic people. It was shot entirely on green screen and the finished look should be something of a cross between Kidulthood and Sin City. I was filming a children’s comedy drama in West Ireland for 6 months playing a 13 year old which was intense but fun. Before that I was filming a feature film called 47 Ronin in Budapest and in London. It’s set in 18th century Japan and I got to work with some great actors such as Keanu Reeves, Hiroyuki Sanada and Ko Shibasaki which was amazing.

昨年は「The Knife That Killed Me 」という素晴らしい原作本が映画化されて、幸運なことにそれに出演することができたんだけど、そこで本当に素敵な人たちに出会いました。その映画は完全なグリーンバック撮影だったんだけど、最終的には映画「Sin City」と「Kidulthood」を合わせた様なスタイルに仕上がる予定です。子供向のコメディドラマの撮影のため、西アイルランドで6ヶ月、13歳という設定の子役を演じた経験は、それはもう強烈で、だけど楽しかった。その前にはブタペストとロンドンで「47 Ronin」という映画の撮影を。江戸時代の日本が舞台という設定の映画だったんだけど、共演した俳優さんが、本当にすごかった。キアヌ・リーブスさん、真田広之さん、柴咲コウさん。彼らのような素敵な俳優さんと働けたことは、本当に素晴らしかったとしか言いようがないです!


What’s next for you in the future?

今後の活動予定について教えていただけますか?


Several exciting indie film projects in the horizon although nothing is set in stone as of yet. I have 4 feature films coming out in the cinemas this year which is exciting, although I cannot stand watching myself on screen. Also I’ve been writing a couple of scripts. I’ve been lucky enough to be involved in diverse projects playing a range of roles, and I’m really hoping that I can keep it up.

インディペンデント系の映画制作のプロジェクトがいくつか視野に入っていますが、それらはまだ詳しいことは未定。それと、自分自身をスクリーンで観るのはやっぱり忍びないんだけど、今年は自分が出ている映画が4本上演されるので、それはとても楽しみ!実は、自分でいくつか脚本も書いていたりもします。幸運にもさまざまなプロジェクトでの役のお話を頂いているので、この運がこのまま続くと嬉しいです。


See Haruka in cinemas over the course of the year, in titles such as The Knife That Killed Me (dir. Marcus Romer + Kit Monkman), Scopia (dir. Chris Butler), About Time (dir. Richard Curtis) and 47 Ronin (dir. Carl Rinsch).

今年映画館にて、以下の作品から安部春香さんをご覧頂けます。
「The Knife That Killed Me Marcus」(監督Romer + Kit Monkman), 「Scopia」(監督Chris Butler), 「About Time」(監督Richard Curtis) and 「47 Ronin」(監督Carl Rinsch)。



haruka4be.com
stanleypicklemovie.com