A Look At Singing Divas: Adele + Hikaru Utada

Words by Haruno Wada

adele+hikaru

 

Although the word Diva has some negative connotations in English, its original Italian meaning, a celebrated female singer, is the form I’d like to explore. When asked, “who would you consider to be the ultimate Diva?”, each person would of course mention different names – but I will focus on Adele from the UK and Hikaru Utada from Japan. Why would I highlight those two? Allow me to explain. First of all, the pair sing songs full of both sorrow and strength in a husky and soulful voice. I’d like you to take a moment to listen to some examples below. Secondly, having been blessed with supreme musical talent and good fortune, their names have become widely known. Lastly they do not seem to pander to the public, especially men.

Diva(歌姫)は魅力的な女性歌手を称する言葉で、英語においては否定的な意味を含む場合ある。その語源はイタリア語だ。無論「あなたにとって最高の歌姫は誰?」と尋ねれば、全員一致はあり得ない。けれどここでは、イギリスのアデル、日本の宇多田ヒカル、この注目すべきふたりの女性についてお話する。なぜそのふたりかって?まず、ハスキーで魂のある声で、悲しくも強い歌を歌い上げること。次章で実際にそれらを聴いてみて欲しい。次に、音楽の才能と幸運に恵まれ、世にその名を知らしめた。最後は、世の中や、特に男性への媚びない姿。



This is the theme song for the Bond movie “Skyfall”, released 2012. Let me introduce to you the lyrics of the first verse.

This is the end
Hold your breath and count to ten
Feel the earth move and then
Hear my heart burst again

For this is the end
I’ve drowned and dreamt this moment
So overdue I owe them
Swept away, I’m stolen

Let the sky fall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together

Let the sky fall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together
At skyfall
At skyfall

これは2012年公開の映画『007-スカイフォール-』のテーマ曲。一部の歌詞を紹介しよう。

ここが終着点
息を止めて 10数えて
地球が動くのを感じて そして
心がまた張り裂ける音を聴いて

これが最後よ
沈められ この瞬間を夢見ていた
もう手遅れ どうしようもないわ
私は 一掃される 奪われる

空よ落ちてきて
全てが崩れ落ちるその時
私たちは気丈に立ち
その全てに立ち向かおう

空よ落ちてきて
全てが崩れ落ちるその時
私たちは気丈に立ち
その全てに立ち向かおう
スカイフォールに


Adele is an English singer-songwriter. She was offered a recording contract from XL Recordings after a friend posted her demo on Myspace in 2006. In 2008 she released her debut album “19” which shone at the no.1 position in the UK album charts and her name became widely known. In early 2011, Adele released her second album “21” which furthered her already huge popularity. In 2012 Adele received 6 Grammy Awards including Album of the Year, equaling Beyoncé’s previous record for most Grammy Awards won by a female artist in one night. Take a listen to her well-known song “Someone Like You” which has become the 42nd best-selling single in the history of the UK single chart.

アデルはイギリス生まれのシンガーソングライター。2006年マイスペースで彼女の友人が投稿したデモテープが目に留まり、XLレコーディングスからレコーディングのオファーを受ける。2008年にリリースしたデビューアルバム『19』はイギリスアルバムチャートで1位に輝きアデルはその名を世に知らしめた。そして、2011年初めにリリースしたセカンドアルバム『21』が更なる好評を博す。2012年、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を含め6つのグラミー賞を受賞。これは、女性アーティストが一晩に獲得した最も多いグラミー賞の数であり、ビヨンセもその記録を保持している。ここで、イギリス史上で最も売れたシングルチャート42位に君臨する、彼女の有名な曲『サムワン・ライク・ユー』をご紹介しよう。



I heard
That you’re settled down
That you
Found a girl
And you’re
Married now

I heard
That your dreams came true
I guess she gave you things
I didn’t give to you

Oh friend
Why you so shy
Ain’t like you to hold back
Or hide from the light

I hate to turn up out of the blue uninvited
But I couldn’t stay away I couldn’t fight it
I hoped you’d see my face and be reminded
That for me
It isn’t over

Nevermind
I’ll find someone like you
I wish nothing but the best
For you too
Don’t forget me
I beg
I’ll remember you still
Sometimes it lasts in love
But sometimes it hurts instead

Sometimes it lasts in love
But sometimes it hurts instead

聞いたわ
とうとう身を固めたって
いい人を見つけて結婚したのね

聞いたわ
夢が叶ったんでしょう
きっとその子は持っていたのね
わたしになかった何かを

ねえ、昔から知っているのに
そんなによそよそしくしないでよ
あなたらしくない
光から身を隠すなんて

招待されてもいないのに顔を出すのはいやよ
でも無視できなかった 我慢できなかったの
わたしの顔を見て思い出してくれたら、と思った
だって
わたしにとってはまだ終わってなんかいないから

大丈夫
わたし、あなたみたいな人を見つけるわ
あなたが幸せならそれでいい
わたしを忘れないでね お願いよ
あなたが言ったことを覚えてる
「時に愛は永遠、時に痛み。」
「続く愛もあれば、傷つけ合う愛もある。」
今、その意味が分かるの


Have you ever heard of Hikaru Utada? If you are Japanese, or have lived in Japan for a long while you of course have. Hikaru Utada was born in Manhattan in 1983 to Teruzane Utada, a Japanese record producer, and his wife Keiko Fuji, an Enka singer. Utada moved to Tokyo in late 1997. Her work as a singer-songwriter instead of a generic pop star is apparent as she has personally penned almost all of her songs. Her debut album “First Love” went on to become the best-selling album in Oricon history, Oricon being the Japanese music charts which started its official records from 1968. The album is also the best-selling album in Asian music history and to date it has sold over 7.65 million copies in Japan. She was described by Time Magazine as a “Diva On Campus”, a reference to her having attended Columbia University for a brief, career-break semester in 2000. In 2009, she was considered “the most influential artist of the decade” in the Japanese landscape by The Japan Times. Here is her song “First Love”.

宇多田ヒカルをご存知だろうか。日本人なら勿論イエスと答えるだろう。もしくは、日本に長く住んでいたら知っているはずだ。

宇多田ヒカルは1983年マンハッタンで、音楽プロデューサー宇多田照實と演歌歌手の藤圭子の間に生まれた、1997年に拠点を東京に移す。アイドルではなくシンガーソングライターとしての活動は、彼女がほぼ全て曲を自らの手で書いていることからも明らかだ。彼女のデビューアルバム『First Love』はオリコン記録で「最も売れたアルバム」1位の座についた。オリコンとは1968年に公式となった実録的な日本の音楽チャートだ。彼女のこのアルバムはアジアでも1位を獲得。現時点で、日本だけでも765万枚の売上を記録している。コロンビア大学在籍と中退の経歴から関連し『タイム・マガジン』では「校内の歌姫」として取り上げられた。また2009年の『ジャパン・タイムズ』では、「10年で最も影響力のあるアーティスト」と言われている。そして、これが彼女の『First Love』だ。



In your last kiss
The flavor of cigarettes
A bitter and painful scent

This time tomorrow
Where will you be?
Who will be thinking of?

You are always gonna be my love
Even if someday I fall in love with another
I’ll remember to love, you taught me how
You are always gonna be the one
Now it is still a sad love song until I can sing a new one

The frozen time is about to start
So many things I don’t want to forget

This time tomorrow
I know I will be crying
I will be thinking of you

You will be always be inside my heart
There will always be a place just for you
I hope that I have a place in heart too
Now and forever you are still the one
Now it is still a sad love song until I can sing a new one

最後のキスは
タバコの flavor がした
ニガくてせつない香り

明日の今頃には
あなたはどこにいるんだろう
誰を想ってるんだろう

You are always gonna be my love
いつか誰かとまた恋に落ちても
I’ll remember to love
You taught me how
You are always gonna be the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

立ち止まる時間が
動き出そうとしてる
忘れたくないことばかり

明日の今頃には
わたしはきっと泣いてる
あなたを想ってるんだろう

You will always be inside my heart
いつもあなただけの場所があるから
I hope that I have a place in your heart too
Now and forever you are still the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

You are always gonna be my love
いつか誰かとまた恋に落ちても
I’ll remember to love
You taught me how
You are always gonna be the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで


I would like to ask you all what you could find or feel in “Someone Like You” and “First Love”? Although the lyrics and melody of music can be encouraging, or make us feel joyful and even possibly save us from the depth of despondency, it hugely depends on each person’s condition or situation at the time. For that reason I cannot refer to everyone’s impressions and reactions to the songs, but if I was asked about my opinion, the previously mentioned songs have not only a deep sorrow in facing a tragedy but also strength and forward-looking. In love, I don’t think it is possible to avoid pain and sadness, because it is different people endeavoring to be one unit. Therefore anyone who have experienced love can relate to the songs of the Divas Adele and Hikaru Utada; they capture our hearts and if we allow it, can support and heal.

私は問いたい。これらの曲から、あなたは何を見出し、感じるかを。歌詞やメロディーは時に勇気や楽しみをくれ、時に失望の底から救い上げてくれるだろう。しかしながらそれは、聴く人の状態や状況が大きく影響する。ゆえに、誰かが感じたその結晶を他人が言及することは出来ないが、敢えて前述の歌からポイントを挙げるとすれば、そこには深い哀しみと、悲劇に向かい合う強さがある。人を愛そうとする時、痛みや悲しみは避けて通れないだろう。違う人間が共にいようとするのだから。アデルと宇多田ヒカルの歌は聴く者の心を捉え、寄り添えばいつも私たちを迎え入れ、癒してくれる。