An Afternoon With Miho + Michael Lomon


Words and Photos by Erica O. Luke
Miho & Mike

Miho and Mike Lomon are a creative couple living in West London. Miho is an animator, pixilation artist and Japanese nursery teacher and Mike is a motion graphics designer, illustrator and comic book artist. They met at Nottingham Trent University’s fine art BA course, and being the only two interested in animation, they noticed each other while getting competitive over the booking of the limited equipment there. They had a traditional wedding in Japan and are currently living in a charming flat surrounded by the various gifts they have made for each other over the years.

ローモン美穂さんとマイクさんはロンドン在住のクリエイティブなカップル。美穂さんはアニメーター兼ピクシレーション(人物をこま撮りする技術)アーティストであり、普段はロンドンにある日本人保育園で先生をしている。マイクさんはモーショングラフィックデザイナー、イラストレイター、漫画家だ。2人はノッティンガムトレント大学のファインアート専攻で、アニメーションに興味のある数少ない仲間として出会った。大学のアニメーションの機材を予約したりするBooking Meetingで、同じものを取り合っているうちにお互いを意識するようになった。日本で伝統的な和式の結婚式を挙げ、現在は西ロンドンの可愛らしいアパートで、何年かの間にお互いが贈り合った手作りのプレゼントに囲まれて生活している。


Miho has recently worked on numerous pixilation projects to cheer on and raise money for those affected by the Tohoku earthquake and tsunami last year via her animation studio ANIMATSUDA, and Mike has just released the second of his self published comic book series Metal Between Two Faces.

ここ最近、美穂さんは東日本大震災の被災地復興支援のため、ピクレーションビデオを自身のアニメーションスタジオ「ANIMATSUDA」で制作中だ。マイクさんは自費出版しているマンガシリーズ「Metal Between Two Faces」の2作目をリリースしたばかり。


I chatted to them about their work, life in London and the visual horror witnessed on the commuter trains in Japan.

彼らの作品、影響、ロンドンでの生活や日本の通勤電車に見られるビジュアルホラーについて話を聞いた。



windowsill2windowsill1

Miho is from Kanagawa in Japan and she started taking art seriously in her mid-teens, when she went to a specialist art school to study basic skills for the tough entrance exams of the art universities in Japan. Her tutor encouraged his students to go overseas to his colleague at Nottingham Trent University, who was the fine art course co-ordinator.

美穂さんは神奈川出身で、15歳の頃に美術を本格的にスタート。日本の美術大学は入学試験の難易度が高いため、美術の基本技術を習得できる予備校に通った。その予備校の校長はノッティンガムトレント大学のコーディネーターを知っており、彼は生徒に、海外にあるその大学へ行ってはどうかとよく勧めていた。


Miho applied and was successful in getting a place on the course. Not knowing any English, she arrived 6 months before the course started to attend English classes. After graduating, Miho did a year of admin work in an office, which she found terrible and not for her at all. After moving to London, she became a Japanese nursery teacher.

美穂さんは面接をし、コースに合格。英語が分からなかったので、レッスンに通う為に、大学のコースが始まる6ヶ月前に渡英した。大学、大学院を卒業後、美穂さんは1年間事務仕事をしたが、全くおもしろくなく、自分に向いていないことが分かった。それから彼女はロンドンに住み始め、日本人保育園の先生として働き始めた。


Miho: “I wanted to start doing animation workshops for 8 to 12 year olds, but you can’t do that unless you have at least 2 years’ experience of working with children. I like working in the nursery as we do a lot of creative things. It’s quite impressive that being creative can actually educate children, basic stuff like learning how to use scissors, or cutting circles. It’s quite funny that even if you give the children a very big sheet of paper, they always end up cutting really small circles, I don’t know why!”

美穂さん:「8~12歳の子供向けに、アニメーションのワークショップを始めたかったんだけど、その為には保育の仕事を2年間経験する必要があった。クリエイティブなことを多くするので、保育園で働くのは好き。はさみの使い方や丸を切り抜く練習などをするけれど、クリエイティブであることが子供たちの教育に本当に役に立つのが驚き。ただ、どんなに大きい紙を渡しても、子供たちが切る丸はなぜかいつも小さくて本当におかしいけど。なんでなんだろう?!」



plates
combimage

Mike is from Manchester and he started drawing at a very young age, when his mother would copy drawings of characters from cartoons and video games for him and his brother to colour in. He went to art college and did a foundation course where he started animating with paper and puppets and at Nottingham Trent he focused on stop-motion.

マイクさんはイギリスのマンチェスター出身で、幼少期から絵を描いていた。その当時、マイクさんと弟が塗り絵を出来るようにと、母親がアニメやゲームのキャラクターを描いてくれたそうだ。美術大学に通い始め、ファウンデーションコースにおいて、紙やパペットでアニメーションを制作し、ノッティンガムトレント大学では、ストップモーションに力を入れていた。


Mike: “After graduating from uni, I spent 3 years making a short animation about a job I was doing, working full time in a pub kitchen. It was when Miho was working in the office. I had agreed to finish it by a certain time to be screened at some Nottingham cinema. I didn’t finish it on time, and it was too weird and violent to show anyway! I would come back from my pub kitchen job and work on the animation about that same job in the evening. Miho even started helping me doing the in-between frames because I was just spending so much time in a room alone, so it wasn’t much fun for her!

マイクさん:「大学卒業後は、3年を費やし、パブのキッチン仕事についてのショートアニメを作った。それは美穂がオフィスで働いていた頃だね。ノッティンガムにある映画館で上映する為に、ある期限までに終わらせると同意したのに、間に合わなかったんだ。しかも上映するにはへんてこで暴力的過ぎた!パブの仕事をして、帰って来てまたパブの仕事についてのアニメーションを作った。僕があまりに長い間部屋にこもっていたから、美穂までアニメーションのコマを埋めるのを手伝ってくれた。彼女にとってはあまり楽しい時期ではなかっただろうね。


When it was finally finished, I was just like, “…what is this?” It kind of put me off animation – I just thought, “why would I wanna do that again?” So I started doing comics and one off illustrations, which seemed like a better use of my time. I draw with ink and watercolour and do a little touching up in Photoshop. So for the last 2 years I’ve just been doing comic stuff alongside motion graphics, which is my full-time occupation.”

全てが終わった後「これって一体...何なんだろう?」と思って、長い時間をかけて作るアニメーションに対してのやる気がなくなっちゃった。「こんなこと、もうやらない。」と思ったよ。そこで、自分の時間をもっと有効に使える、漫画とイラストを始めた。僕は、主にインクと水彩技法で絵を描いて、仕上げに少しフォトショップを使う。ここ最近の2年間は、モーショングラフィックの仕事をフルタイムでしながら、漫画を描いているんだ。」


I ask them whether they have ever worked together, or have plans to.

共同で制作した経験、もしくはその予定があるか。


Mike: “It seems like a sensible idea, and I think it would be a lot of fun, but we work in very different ways. Miho’s very immediate, even in the way she draws, she will draw it straight away, and not rub stuff out too much. It’s got her style about it. I, on the other hand, would sketch it out first, then go deeper into the drawing, then lose faith in it, walk around a bit and come back to it. There would always have to be some sort of struggle! So I think we would clash.”

マイクさん:「それは、なかなかいい考えだと思うし、きっと楽しいだろうね。でも、僕たちの仕事のスタイルが全然違うんだ。美穂は仕事が早くて、絵を描く時も一度描いたら消したりはしない。それで彼女のスタイルが出来上がるんだ。一方、僕はまずちょっとスケッチをして、それから細かく描く。どこかで「これでいいのか」と思い始め、ちょっと散歩でもしてから、戻ってまた描いてみるんだ。いつも何かしら苦労するよ。こんなだから、一緒に仕事をしたら、僕たちはきっと衝突するんじゃないかな。」



scrabblemagnets

I ask Mike how he found Japan.

日本の感想は?


Mike: “I’ve been over there three times. Once when I was a student, once to get married and one other time for a holiday. I found that in Akihabara, a.k.a. otaku-world, things are very intense. They cater for all sorts of bizarre interests. Obviously there was manga everywhere, and we spotted some people wearing masks looking at the erotic section… I was quite embarrassed and uncomfortable to see those people but they’re happy to just stand there and look at the stuff, so there is clearly more openness and acceptance of people’s personal perverse interests; which is cool in a way!

マイクさん:「3回行ったよ。学生時代、結婚式、最後は旅行で。秋葉原(オタクの世界)は強烈だった。奇妙な趣味の世界が広がっていたよ。当然のように漫画が溢れ、マスクをした人達がアダルト漫画のコーナーで立ち読みしているんだ。僕は彼らをみて本当に恥ずかしかったし、居心地が悪かった。けれど彼ら自身は幸せそうだし、きっと日本では風変わりでも個人的な趣味についてはオープンで、かつ受け入れているんだろうと分かったよ。まあ、それはいい事なんじゃないかな。


But that contrasts with something that my good friend who came with me said when I initially went. He was frustrated in the way the Japanese weren’t very forthcoming, or they weren’t really saying what they were thinking. He thought they weren’t giving a quick, honest opinion or feedback about anything. Personally I didn’t really feel the frustration, but agreed with what he thought. I felt like there was more thought in setting up an environment that’s nice for everyone, whereas in England we wouldn’t do that. Here you’re more likely to just say what you wanna say, it’s a more forceful social interaction.”

これは、僕が日本へ初めて行ったとき一緒だった友人が言ったことと対照的。彼は「日本人は遠慮しすぎで本当の考えを口にしない」と不満げだった。日本人はすぐに返事をしないし、正直な返答をくれないと思っていたみたい。僕は個人的に不満は感じていなかったが、彼の意見には同意だった。皆が心地いい環境をつくるための行為なんだろうけど。日本人は、みんながいいと感じたり仲間意識を高めるために、よく考えているんだなと思った。そのようなことはイギリスにはなくて、言いたいことはすぐに口にするし、それが社会的に通用している。」


I asked Miho where she preferred living, Japan or the UK.
美穂さんは、日本とイギリスのどちらに住むのが好きか。


Miho: “I think maybe in England. If I think of the working hours in Japan, I don’t wanna be there! I think that’s the main reason I want to live here, I can be more lazy! Everyone wants to be lazy to an extent! I also don’t miss the train commute in the main cities of Japan. I used to travel from Yokohama to Tokyo on the train everyday during high school, and it was a traumatic experience.

美穂さん:「イギリスかな。日本の労働時間を考えると、あそこにはいたくない!ちょっとでも長くなまけものでいられる。だからここに住んでいたいというのが大きな理由かも。ある程度、人はみんな怠けたいと思っているはず。あと、通勤電車が大嫌い。高校時代に毎日横浜から東京に電車通学してたけど、かなりトラウマ的な経験だったの。


In the summer it’s really hot, and you’d always end up with some very fat man in front of you, and you would watch the sweat droplets form on his head and drip down the folding rolls of fat on his neck – so horrible! Or someone’s face would be pressed onto the window and the sweat would run down the glass. The visual horror! It really has left a big impression on me. Often my bag would still be outside the train and the doors will close, or as people squeeze out to exit the carriage, my bag would be dragged out with them!

例えば猛暑の日に、前に立っている太った男の人の後ろ頭から汗がじわっと出てきて、太ってだんだん状になった首に、その汗が流れていくのが見える…本当にひどい!誰かの顔が窓に押し付けられて、汗がだらだら窓ガラスをつたっている光景なんかは、もうビジュアルホラー!未だに印象に残っている。他にも、電車に乗るときは、鞄がドアの外にあるのに閉まってしまったり、ぎゅうぎゅうに押し合って出て行く人達に鞄だけ引きずり出されてしまうこともよくあったわ。」



skullcomicinprogress

They tell me what they’re working on currently.

進行中の仕事について。

Mike: “I’m working on a comic about this ballad singer, a cross between Julio Inglesias and Tom Jones, who is getting on a bit and kind of overweight and grotesque. It’s about him recapturing his muse – he’s fed up with writing generic love songs and he gets a little wake up call and thinks he’s found his mojo again, but he ends up writing the same old shit. A humorous tragedy.

マイクさん:「漫画を描いてる。内容は、初老で太っている不気味な演歌歌手(フリオ・イグレシアスやトム・ジョーンズのような)が夢を取り戻す話。一般的な愛の歌を書くことにうんざりしていた彼が、あるとき目が覚めたように、不思議な世界観を見つける。でも最後には同じような古臭くてつまらないものを書いてしまう、そんな滑稽な悲劇だよ。」


Miho “I might be working on a pixilation and stop-motion music video pretty soon. I think it’s all going to be Japanese cute stuff, like Kyrary Pamyu Pamyu. Something crazy and cute-looking.”

美穂さん:「私はもうすぐピクレーションとストップモーションのMVに取りかかる予定。「きゃりーぱみゅぱみゅ」みたいな可愛くて日本らしいものになると思う!最高に可愛くてクレイジーなものを作りたい。」



www.michaellomon.com
www.animatsuda.com